アメリカで、今の時期、 It's that time of year! (今年もまたそんな時期ですね。)と言ったら...

確定申告書!

個人税を専門とする税理士は、この時期、家族と一緒にいる時間より仕事をしてる時間の方が長い。週末も休みなし。私は、産後、それが理由で、退職しました。職場の方たちは、みんな良い人たちばかりで恵まれた環境だったな〜。

申告義務
で、アメリカの確定申告ですが、一般的にアメリカ居住者、アメリカ永住権保持者、アメリカ国籍保持者は、個人の確定申告書を提出する義務があります。そして申告書の作成及び提出は、各自責任を持ってやります。なので、アメリカ人は、個人税について詳しい&普段から節税意識が高い。

2016年度の確定申告書の提出期限は、4月18日!それまでに終わらせなければ...。

申告書の作成方法
税理士に申告書の作成を頼むこともできますが、最近の申告書作成ソフト(H&R Block, Turbo Tax など)は、使いやすいです。記入漏れがないか、ミスなどはないか、ソフトが確認してくれます。

私たちは、去年は、主人の株の売買が複雑で多いため、税理士(H&R Block) に頼もうかと思いましたが、申告書を作成するのに$400かかると言われました。で、主人には、私が自分で申告書を作成したら、$400、自由に使ってもいいと言われ、自分でソフトを使って、作成しました。

そういえば、$400分の買い物、したんだっけ?覚えてない...。

今年の注意点
今回、気をつけなければいけないのが、FBAR (Foreign Bank Account Report)。FBAR (連邦の海外金融資産の開示申告書)の期限は、今まで6月30日だったのですが、個人申告書期限と同じ4月15日になりました。FBARのペナルティーは、厳しく、開示漏れ1件につき、$100,000または、開示漏れした口座の残高の50%のいずれか大きい方が課せられることがあるので、注意が必要です。日本のマイナンバー制度の導入に伴い、IRSも開示漏れを発見しやすくなっているので、開示報告はちゃんとした方が良いみたいですね。




IRS(アメリカ連邦税務局)でも色々なユーチューブの動画をアップしてます。それだけみんなユーチューブを観てるってことですよね。

ユーチューブのパワー、すごい!
 
最後に英語フレーズの勉強!
今日は、It's that time of year.

訳すと、「今年もまたそんな時期ですね。」

例文:
 Mary: I like this spring weather, but my allergies are so bad this year. (この春の気候、好きだけど、今年は、アレルギーがひどくて。。。)
Beth:  Yeah, it's that time of year again. I have allergies, too. (今年もまたそんな時期がやってきたんだね。私もアレルギー持ちなの。). 

ランキングに参加しています。応援クリック頂けますと、更新の励みになります。
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ



人気ブログランキングへ

いつもあたたかなクリックをありがとうございます。